歯磨き

歯磨き(はみがき)は、歯を磨き、歯垢などの汚れを落とす事。歯磨きのブラッシングとも呼ばれる。また、それに使う練り歯磨き剤などを略して「歯磨き」ともいう。練り歯磨き剤などは「歯磨き粉」とも言う。チューブタイプの練り歯磨き以前の製品はパウダー状であり「粉」という呼称はその頃の名残である。

歯ブラシのブラシ繊維に歯磨き剤を付けて歯を磨き、歯垢を除去するが、歯磨き粉を使うことで発泡剤や香料で、歯磨きが実際に不充分でもなんとなくキレイになった気分になり、問題がある。このことから、水だけで丁寧に歯を磨くことを指導する医師もいる。

歯の歯間や奥歯は磨き残しが多く歯垢が残りがちなので、それに対応するフロス(糸ようじ)やワンタフト(毛束が1つ)のブラシなどの製品も市販されている。

歯を磨き終ったあとは水でうがいをし、何度も充分に口中をすすぎ、汚れや添加成分が口の中に残らないようにする。
posted by りゅう☆ at 15:46 | 歯科医療
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。