う蝕

う蝕(うしょく、齲蝕とも表記する)は口腔内の細菌が糖質から作った酸により、歯が脱灰されることにより起こる歯の実質欠損。歯周疾患と並び、歯科の二大疾患の一つである。齲蝕になった歯をう歯(齲歯)といい、デンタルカリエスともいう。一般にはむし歯として知られる。

齲蝕は、風邪についで一般的な病気で、どの世代でも一般的であるが、歯の萌出後数年は歯の石灰化度が低いため、特に齲蝕になりやすい。このため、未成年で特に多い。
posted by りゅう☆ at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科疾患
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24501122

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。