悪性エナメル上皮腫

悪性エナメル上皮腫とは、生物学的に悪性だけであり、通常のエナメル上皮腫が頭蓋底に浸潤して致死的経過経ても悪性エナメル上皮腫と言わない。既存のエナメル上皮腫が再発を繰り返し長時間を経て悪性転化を来たした物を指す。

好発部位は、後部下顎である。

一般に局所破壊性の増殖が著しく、顎骨周囲の軟組織への浸潤増殖を示す。また、肺や頸部リンパ節に転移する。

組織学的には、エナメル上皮腫の特徴はあるが細胞の多型性、異型性、核分裂など様々な程度の悪性像が見られる。
posted by りゅう☆ at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科疾患
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。